<< 今度のお土産はチーズケーキ。 ささやかだけど忘れられないいく... >>

旅ゴコロをくすぐる本

f0146243_13345527.jpg


春ですね。
もう世間の学生さんたちは、春休みに入っている頃でしょうか。
春休みといえば、卒業旅行シーズンですね。長期で海外旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。

私も少しでも海外へ気持ちを馳せてみようと思い、柳沢小実さんの『スカンジナビア・ノスタルジア』を読み直してみました。

この本では憧れの土地北欧の、デンマーク、スウェーデン、フィンランドの三ヶ国を巡り、そこで出会った素敵で、どこかノスタルジーを感じさせるような、乙女チックな物たちを紹介しています。

これを読んでいると、自分も宝探しをしに旅に出たくなります。
中でも特に気になったのが、ピーチ&クリームティーとレゴランドでした。
詳しい番地などは書かれていないのですが、店名などを頼りに、北欧旅行に行く際は参考にしたい本です。

中に、「旅ゴコロをくすぐる本」という章があるのですが、この本もそう。
すっかりくすぐられてしまいました。

装丁 ・・・・・・・・・★★☆☆☆
デザイン ・・・・・・★★★☆☆
内容 ・・・・・・・・・★★★☆☆


行きたいなぁ。海外旅行

[PR]
by narabiyori | 2008-03-19 13:47 | Book(エッセイ) | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : https://narabiyori.exblog.jp/tb/7689631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 旅行の最新情報 at 2008-04-25 20:19
タイトル : 卒業旅行で箱根に行く
卒業旅行は費用も安く、近場でのんびりと過ごしたいという学生もいるでしょう。そのような場合におすすめな観光地としては箱根が挙げられます。箱根は温泉がたくさんありますので、友人同士のんびりと温泉巡りをするのも楽しいでしょう。箱根は季節ごとのイベントも多く、卒業旅行シーズンの1月から3月でしたら、芦ノ湖湖水開き、節分祭り、すすき草原焼き、仙石源湯立獅子舞などが行なわれます。箱根に卒業旅行に行くのでしたら、女性同士でしたらテディーベア博物館や星の王子様ミュージアムなどもいいですね。他にも御殿場プレミアムアウト...... more
Commented by patisserie-M at 2008-03-19 14:57
こんにちは!ゆうくんママです^^
旅行なんて久しく行ってないけど、卒業旅行で海外に行ったことを
思い出しました。
北欧・・・憧れているけど遠く感じています。
本で読むだけでも身近に感じられそうですね^^
今度読んでみたいです!
Commented by chloe023 at 2008-03-20 19:50
こんにちは。
実は私、スウェーデンに行ったことがあります。
でも当時学生で、日本でも今ほどスカンジナビア熱が
上がっていなかったが故に、
「なんか町中ヘンなオブジェがいっぱいの寒い国」という
アホな印象しか持ち帰れませんでした。
わたしも当時この本を読んでいれば~!!!今から読みます。
Commented by narabiyori at 2008-03-21 12:11
>ゆうくんママさんへ
コメントありがとうございます♪
私も海外旅行は数年前に行ったっきりで、ご無沙汰ですね。
海外へ行くと、一番テンションが上がってしまうのがスーパーです。
パッケージがお洒落だったり、日本では見かけない食材にワクワクしてしまいます。
この本の中でも、可愛らしいパッケージの牛乳や小麦粉が見られます。
ゼヒ読んで見てください♪
Commented by narabiyori at 2008-03-21 12:14
>chloeさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます♪
スウェーデンに行かれた事があるんですね、羨ましい~。
ヘンなオブジェがいっぱいなんですか?(笑)なんかそれも興味ありますね^^
この本ではイッタラやアラビア社の製品も紹介されていて、雑貨・食器好きな方にもオススメですよ~。
Commented by trefle-38 at 2008-03-22 18:19
narabiyoriさん、こんにちはー。
私も小実さんのこの本、2年半くらい前に図書館で借りて読みました。
近頃の北欧ブームでないときにこれを書かれた小実さんは、
先取られてたなぁと思いました。
(まぁ、小実さんは流行を意識している方ではないのですが・・・)
小実さんのさりげない可愛さのセンス、大好きなんです。
北欧って無駄のないシンプルさと分かりやすい色使いが特徴だけど
(私が思っているイメージです^^;)
小実さんがセレクトしたものって、それにノスタルジックな可憐さがプラスされていて、いつもいいなと思ってます。
Commented by narabiyori at 2008-03-24 14:30
>trefle-38さんへ
こんにちは☆
ほー北欧ブーム前に書かれた本だなんて、気づかなかったです。
先取りですね~。
ほんと、この本に出てくる物はどれも可憐なイメージのものでしたね。
イッタラのFLORAのタンブラー、あれ欲しいなぁ~と思いながら見てました。
<< 今度のお土産はチーズケーキ。 ささやかだけど忘れられないいく... >>