<< 決定版!カスタードプリン ヨーガンレールの社員食堂 >>

お腹のすく本。

f0146243_11155059.jpg


食べることが大好きです。
そして食にまつわる事が書かれている本を読むのも大好きです。

色々な本を読みましたが、中でも特に好きなのが、石井好子さんの『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』と、同シリーズの『東京の空の下オムレツのにおいは流れる』です。

写真もなく文章だけで、これほどまでに食欲を刺激できるなんてすごい本だと思います。
昔の本だからでしょうか、バターのことは「バタ」、ワインのことは「ブドー酒」と記されているところも、なんだかとてもおいしそうに響きます。

中には作り方を簡単に説明してある料理もあって、その工程を頭に思い描きながら読んでいると、たちまちお腹がすいてきます。(なので、夜寝る前などは読むことをオススメできません。)

装丁 ・・・・・・・・・★★★★
デザイン ・・・・・・☆☆☆☆
内容 ・・・・・・・・・★★★★★

f0146243_11254526.jpg


この本を読みながら、ここに出てくる料理を食べてみたい(作ってみたい)と思う方が多くいらっしゃったのでしょうね。
こちらのレシピ本『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる レシピ版』も出ています。

中には『巴里の空の下~』に出てくる料理のレシピは勿論、『オムレツこぼれ話』とある石井さんのエッセイも楽しめる、充実した内容の一冊です。

装丁 ・・・・・・・・・★★☆☆☆
デザイン ・・・・・・☆☆☆☆
内容 ・・・・・・・・・★★★☆☆




オムレツを焼くには、まずフライパン。
ル・クルーゼ製品を激安でネット通信販売中!
見たい!知りたい!役立つ情報が無料で購読できます。【れぽまが】

[PR]
by narabiyori | 2008-03-14 11:38 | Book(エッセイ) | Trackback(2) | Comments(8)
トラックバックURL : https://narabiyori.exblog.jp/tb/7658023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日々のあぶく★JET at 2008-03-15 12:48
タイトル : 夢想できる味
お腹のすく本。 『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』 『東京の空の下オムレツのにおいは流れる』 石井好子著/暮らしの手帖社刊 暮らしの手帖、花森安治、そんなキーワードの中で欠かせないのが この石井好子『オムレツシリーズ』 昭和30年代 まだ珍しかった、憧れの海外生活と食べ物を、 豊かなセンスと独特の雰囲気で やわらかく、まさにオムレツのようにふんわりと書き上げた 珠玉の料理随筆。 ... more
Tracked from ルクルーゼ レシピ at 2008-05-26 09:24
タイトル : 玄米ごはん ヘルシーリゾット : ルクルーゼ レシピ
玄米ごはん ヘルシーリゾット : ルクルーゼ レシピについての情報。... more
Commented by indoyoko at 2008-03-14 21:41
こんばんは。ご訪問ありがとうございました♪
文章だけで食欲を刺激できるなんてすごいですね。
そういえば、オムレツなんて長いこと作っていません。
近いうちに作ってみようかな。
バナナシフォンケーキも美味しそうでした。私も
一時シフォンの大ブームがきたころ、時々焼いていました。
びっくりするほどふわふわに焼けるので嬉しくなってきますよね。
また、おじゃまさせていただきますね♪
Commented by コナ at 2008-03-14 23:42 x
え~食欲を刺激する本って危険!!
ただでさえ食いしん坊で困るのに~笑
この本凄くお洒落ですね。
でも、昔の本なんですよね?全然古さを感じさせないなぁ。
やっぱり良いセンスって言うのはどれだけたっても素敵なものなんですね~
Commented by chloe023 at 2008-03-15 13:03
こんにちは、
TB&コメントありがとうございました。
こんなステキなブログにおじゃまするなんて、なんだか場違いな…。
写真が本当にキレイで驚いてしまいました。
わたしも食べること、食にまつわる本を読むことが大好きで
数ある中でも、この石井さんの料理随筆は一番好きです。
「食べる」という最高に幸せな体験に慣れてしまった現代の人間では
決して表現することのできない鮮烈さがあります。
また遊びにこさせて下さいね★
Commented by stcl at 2008-03-16 19:07
いつか読みたいと思っていた本です。オムレツ作りはわたし好きだなぁ。
Commented by narabiyori at 2008-03-17 12:47
>indoyokoさんへ
こんにちは。こちらこそ、お越しいただきましてありがとうございます^^
オムレツ、私は実はまだ一度も焼いたことがないです・・・。
面倒なので、スクランブルエッグでいいか~と、なってしまいます。
でも↑のレシピ版に出てくる写真を見ていたら、ホワホワのオムレツが食べたくなりました。
今度のお休みにでも頑張って作ってみます!
シフォンケーキ、一度作るとちょっとクセになるんですよね♪

私も節約ネタ、楽しみに読ませていただきますね~。
ヨロシクお願いします♪
Commented by narabiyori at 2008-03-17 12:54
>コナさんへ
ほんとこの本は危険ですよ~。空腹時やダイエット中は読まないでください!
レシピ版が発行されたのはわりと最近なのですが、もとのエッセイが出版されたのは、なんと1963年です。
40年以上経っているのに、古さを感じさせない装丁はスゴイですよね。
レシピ版のほうを作る際、元の本のイメージを大切にするため、器もアンティークのものを探したりと、スタイリングにも気を遣われたそうですよ。
是非併せて見てみてくださいね~♪
Commented by narabiyori at 2008-03-17 12:56
>chloeさんへ
こんにちは。
こちらこそTBとコメントをいただきまして、どうもありがとうございます。
素敵なブログだなんて、恐縮です~^^
本が大好きなので、私もまたブログにオジャマさせていただきますね♪
ヨロシクお願いします。
Commented by narabiyori at 2008-03-17 12:57
>stclさんへ
この本、私も読みたい読みたいと思っていて、やっとこさ読んだんです。
素敵な本なのでほんとオススメですよ~♪♪
<< 決定版!カスタードプリン ヨーガンレールの社員食堂 >>