<< シュプレームとは、なんぞや? すっかり過ぎてしまった、お誕生... >>

栗の香りをお茶で楽しむ。

f0146243_1056502.jpg
秋も深まってきました。
涼しい空気を感じる季節には、温かい、そして少し甘めのミルクティーが恋しくなります。

最近アルションで買った紅茶の茶葉には、色んなものがミックスされています。
さてさて、これは何のフレーバーなのでしょうか?


f0146243_10572142.jpg
答えは、栗の香りの紅茶です。
栗?って、どんな香りだっけ?と一瞬思い出せなかったのですが。
ちょっとサツマイモっぽいような、こっくりとした甘い香り、だったでしょうか。

ワクワクと紅茶を淹れてみました。
茶葉が開いた頃に、ポットのフタをあけてみると、うん、確かにほのかに栗っぽい!
オススメはミルクティーで、とあったので飲んでみると・・・・。
ん?栗の香り、どこいった?
・・・けどまぁ、パッケージは可愛いし、飲む前には栗の香りを楽しめたので、まぁ良しとします。


ミルクティーで飲む場合、しっかりと濃いめに淹れた紅茶で、香りは丸い感じのものが好みです。
私のオススメ茶葉は、ウバ、もしくはディンブラ。
美味しいビスケットを用意して、さぁ、ほっこりティータイムにしましょう!
[PR]
by narabiyori | 2009-10-14 11:20 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://narabiyori.exblog.jp/tb/12122131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by y_chanchan at 2009-10-14 14:10
栗!私も大好きです。
そろそろ、渋皮煮を作ろうかな〜♪なんて、思っています。
この紅茶のパッケージ、かわいいですね。
松ぼっくりやキノコのオブジェと合っています。秋を感じますわよ〜

↓の靴もかわいい!
naraさんのイメージにぴったりです(勝手に妄想しています 笑)!
Commented by ui-tana at 2009-10-14 19:48
naraさんこんばんは〜。
栗の香りの紅茶だなんて不思議です!栗の味もするのでしょうか?
栗を使ったお菓子おいしいですよね。大好きです!あ〜、モンブランが食べたいなあ。。
こちらでは栗をデザートとして食べる、という習慣が無いらしく、モンブランや栗のスイーツを見た事がありません。
あんなに美味しいのにもったいないですよね。
Commented by narabiyori at 2009-10-14 20:58
>chanchanさんへ。      栗の渋皮煮いいですね~。  私もここ二年ほどは毎年作ってます♪  そして忘れちゃいけない栗ご飯も定番です^^。   栗の皮を剥くのは一日仕事ですが、あの美味しさのためなら、頑張っちゃえるんですよね~^^。    
Commented by narabiyori at 2009-10-14 21:02
>ui-tanaさんへ。    こんばんは~☆       フレーバーティーにも色々あるけど、栗の香りってのは、ちょっと珍しいでしょ^^。      お味はですね、全くもって栗とはわからないのですが、アッサムやなんかに比べると、重めの味かもしれません。          オーストラリアでは、栗をお菓子に使わないだなんて、驚きました!!   え~じゃぁ、どうやって食べているの?  フランスの焼き栗みたいな感じでしょうか?     uiさん、そちらでモンブランを作って販売されてみたらいかがでしょう?  あの美味しさは、きっとオーストラリア人も虜になるはず♪
Commented by ketty105 at 2009-10-15 01:10
栗の紅茶なんて、聞いただけでイメージよくて美味しそう。
最近、道で栗が落ちているのをよく見かけるので
いつももったいないなーって思いながら横目で追いつつ
通り過ぎているのよ(^^)
渋皮煮いいなー。
Commented by narabiyori at 2009-10-15 15:36
>kettyさんへ。    道ばたに栗が落ちているんですか?!   キャー、拾いに行きたい!!       うちの近所では、落ちてるものと言えばドングリくらいかなぁ・・・^^;      kettyさん、横目でおってないで、ガッツリ拾っちゃいましょう♪      私、渋皮煮も好きだけど、栗のお菓子の中では一番マロングラッセが好きです^^。    けどお高いのよね~><。 あのお値段は、もったいなくってドカ食い出来ないわ。
<< シュプレームとは、なんぞや? すっかり過ぎてしまった、お誕生... >>