<< タケウチさんに片想い。 プレゼント >>

場所はいつも旅先だった

f0146243_1511324.jpg
松浦弥太郎さんの書く文章が好きです。
そんなにたくさん読んでいるわけではないけど、目にするとワクワクとページを開いてしまう。

今回読んでのは、『場所はいつも旅先だった (P‐Vine BOOKs)』 というエッセイ。
『小説すばる』や、『群像』で連載されていたものを一冊にまとめた、” 旅 ” にまつわるストーリー。

私の持っている松浦さんのイメージとはちょっと異なるところがチラホラとあり、なんだか新鮮でした。
中でも面白かったのは、『バークレーからニューヨークへ』というタイトルのもの。
本屋さんを始めるキッカケとなった出来事について詳しく語られていて、とても興味深い内容でした。

タイトル通り旅のエッセイではあるのですが、色々な人たちとの出会いの話でもあると思います。
素敵な人との出会いは、人生を豊かにしてくれるんだなぁと、あらためて思った一冊でした。

装丁 ・・・・・・・・・ ★★★★★
内容 ・・・・・・・・・ ★★★☆☆
[PR]
by narabiyori | 2009-05-22 15:08 | Book(エッセイ) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://narabiyori.exblog.jp/tb/11125762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ketty105 at 2009-05-23 21:33
なるほど、牛の表紙(^^)!
暮しの手帖は時々読むので、エッセイなど
垣間見ることがあるけど、一冊まるごとの
文章になってると、また違ったイメージで読めるかもね。
私も探してみます!
Commented by コナ at 2009-05-26 12:45 x
アタシもこの方好きです!!
と言うか「暮らしの手帖」が好きなんです~
あの文章の感じとか雰囲気が凄く好き。
隅々まで読みたくなる雑誌です!!
これ読みたい~!!
Commented by narabiyori at 2009-05-27 13:19
>kettyさんへ。
あ~そっか!!
私、kettyさんに言われるまで牛のこと、気付きませんでしたよ~^^。
なるほど、なるほど、それでなのか~♪
暮しの手帖、私も時々読んでます。
表紙がいつからか変わって、イラストのものになってでしょ。
あれからなんだかとっつきやすくなったというか、「あ~私の年代でももう読めるかも」って。
硬派な雑誌で、好きだな~♪
Commented by narabiyori at 2009-05-27 13:22
>コナさんへ。
暮しの手帖を読み出したのは、結構最近なんです私^^。
元々雑誌から入ったのではなく、本になっている『すてきなあなたへ』が好きで。
そこからじょじょに雑誌も読むようになったんです。
商品テストとか、食品のこととか、知らないことが沢山書かれてある、お姉さん的な頼りになる雑誌ですよね^^
<< タケウチさんに片想い。 プレゼント >>