おいしくて、シアワセ。

f0146243_133407.jpg久々に焼肉を食べに行きました。
大阪の天満橋駅近くにある『万両』というお店です。

このお店での一番お気に入りのメニューは『炙りレバー』です。生でも食べられるレバーを網でサっとあぶって、生姜醤油をつけて食べます。全く臭みがなく、甘みを感じるレバーは最高です。
(この写真を撮ってくれば良かったのですが、興奮して食べていて、写真を撮り忘れていた事に気づいたのが、さ~そろそろシメの冷麺でも頼もうか、と一息ついた時だったのです。遅すぎですね・・・。)

私はお酒を飲まないので、ここでは必ずコーン茶をいただくのですが、これがなんと無料なのです。
コーン茶だけでなく、ウーロン茶も何杯でも無料で提供してくれます。

前は毎週天満橋に行っていたので、ちょくちょくこのお店にも行ってましたが、今では行く用事がなくなったので、なかなか行けくなってしまったのが残念です。

いつ行っても混んでいるので、予約をして行かれるのがオススメです。

<万両 東天満店>
大阪市北区天満2-7-25 塩見ビル1F
06-6882-0221
[PR]
# by narabiyori | 2008-01-15 14:07 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

シンプル イズ ベスト!

素敵な料理の本を見つけました。
f0146243_185998.jpg

イタリア料理の本。米沢亜衣さんの本です。

日置武晴さんの撮られた、シンプルでいて豪快な料理の写真が続きます。そして最後に各料理のレシピと、それにまつわる著者の思い出話が添えられています。

料理の写真は一品一品、どれも見開きで載っており、とてもインパクトがあります。
最近の料理の本は、食器や盛り付け方にもこったものが多いなか、こちらでは少し素っ気無い感じもするくらいのスタイリングです。
しかしそれが返って、素材の力強さや旨みを伝えているような感じがします。

どれも材料や作り方はシンプルなのですが、ごまかしが利かないような気がして、まだチャレンジはしていませんが、写真集のような趣のある本なので、手元に置いて大切に眺めたくなる本です。

装丁 ・・・・・・・・★★★☆☆
デザイン ・・・・・★★★★★
内容 ・・・・・・・・★★★☆☆
[PR]
# by narabiyori | 2008-01-11 17:55 | Book(料理) | Trackback | Comments(2)

紅茶のお供

f0146243_12524223.jpg
先日バターサブレを焼きました。

“何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ―超人気お菓子サイトたかこ@caramel milk teaさんの (生活シリーズ)HPはコチラhttp://tb.exblog.jp/tb/7)の中で紹介されていたレシピを元に作りました。

レシピでは、焼く前にサブレの周りにグラニュー糖をまぶしてあるのですが、私がやるとあまり上手くくっつかず、今回は省略させていただきました。
それでも十分においしかったです。アーモンドパウダーが入っているからか、サクサクとした食感で、こうばしい感じがとても良く紅茶に合います。家族や友人にも好評で、2歳の子も喜んで食べてくれました。

作り方も非常にやさしく、生地を休ませる時間と焼き時間を除けば30分もかからないと思います。本に載っているようなキレイな形の丸型に成型する事が出来なかったので、長方形型にしましたが、後は混ぜるだけでコツもいりませんでした。

この本の中のレシピはどれもお家でサっと作りたくなるような気軽な物が多く、材料もお家にあるような物で作れるのが魅力です。

次回は違うレシピにもチャレンジしてみるつもりです!

装丁 ・・・・・・・★★☆☆☆
デザイン ・・・・★★★☆☆
内容 ・・・・・・・★★★★
[PR]
# by narabiyori | 2008-01-09 13:14 | お菓子 | Trackback(1) | Comments(2)

カズオ イシグロ

f0146243_1653554.jpg
わたしを離さないで

元々本を読むのが好きなのですが、冬は家に籠もりがちになるので、ますます読書がはかどります。
この本はお正月休みに読みました。

著者は日本生まれのイギリス人作家さんだそうで、翻訳物でした。(私の周りには翻訳物を好まない人が多いのですが、私の場合、小説はほとんど翻訳されているものばかりを読んでいます。)
英国最大の文学賞であるブッカー賞を受賞された事のある作家さんらしいです。

この小説のジャンルはミステリーになるのでしょうか、謎だらけのところから話は始まります。殺人などが起こることはなく、淡々とした日常の風景にも思える生活の中に、??とわからない事があるのです。そして一つ謎が解けたと思ったら、また新たな謎が出てくるといった具合で、最後まで飽きる事なく読み進められました。

大きな謎に関しては大体の察しがつくのですが、(解説)にもあるように予備知識なく読んだ方が面白いかと思います。

装丁 ・・・・・・・☆☆☆☆
デザイン ・・・・☆☆☆☆
内容 ・・・・・・・★★★☆☆
[PR]
# by narabiyori | 2008-01-08 16:34 | Book(小説) | Trackback | Comments(0)

ごあいさつ

最近とても時間に余裕が持てるようになりました。
美味しかったもの、面白かったものなど、日々の事を綴りながら、新しいことにチャレンジ出来ればと思っています。
[PR]
# by narabiyori | 2008-01-07 11:30 | はじめに | Trackback | Comments(0)