カテゴリ:手作り( 7 )

帆布に苦戦。

f0146243_1558581.jpg
ブログをお休みしていた間に作ったカバン。

家族が、カメラ関係のものを、ガサっと入れて持ち歩けるような大きめカバンを探していて。
でもなかなか気に入るデザイン、大きさのものが見つからないので、それならば、と私が作ることに。


f0146243_15575321.jpg
しっかりとした布で、デザインはシンプルに、というのが希望で、江面 旨美さんの 『umamiの帆布ワールド』 がピッタリでした。

この中に載っていた、昔の学生カバンをイメージして作ったというカバン。
本の通りだと、表の部分にペイントをしたり、フタもあったのですが、どちらもない方が好きだというので、よりシンプルな雰囲気になりました。

縫い代をバイヤステープでくるむなど、見えないところまでキチンと丁寧に作っていて、私にしてはなかなかの仕事っぷり。(自画自賛で、スイマセン。)


完成までには、かなりの苦労を伴いました。

帆布はしっかりとした布ですが、色々な厚さのものがあるようで、今回使った11号布だと家庭用ミシンでも縫えるとあったのですが・・・。
そりゃぁ2枚程度を縫い合わせるくらいなら余裕なんですけど、布が重なる部分(一番多い部分では5、6枚あったかな?)になると、やっぱり無理!
相当な負担をミシンにかけていたのか、縫っている間、聞いたこともないような音がしていました。
ミシン針も2本折ったし、もうこれ以上やると壊れるかも・・・と、ドキドキしながらの作業でした。

直線が多いので、型紙を作るのも、縫うのもとても簡単なのですが、この布の固さにやられました。
縫ってる時間よりも、ミシンの具合を調整している時間の方が多かった・・・(涙)。



シンプルなデザインの中にも、どこかちょっとキラリと光る個性を持ったバックが紹介されていて、もうちょっといいミシンを買ったら、また作りたいな~。

装丁 ・・・・・・・・・ ★★★☆☆
デザイン ・・・・・・ ★★★☆☆
内容 ・・・・・・・・・ ★★☆☆☆
[PR]
by narabiyori | 2011-07-21 16:34 | 手作り | Trackback | Comments(4)

どんぐりコロコロ。

f0146243_1211191.jpg
むか~し昔、トンボ玉を習っていた頃に作った箸置き。

毎年、秋頃になると生徒作品展が行われ、これはそのために作ったものの売れ残り。
紅葉を意識して、赤っぽい色でも作ったけど、それは手元には残らなかったなぁ。

それにしても、トンボ玉を習っていたのに箸置きって・・・。
(私はまだまだ未熟だったため、売れるような物が満足に作れず、こうしてトンボ玉以外の小物に逃げていたわけです。)

ガスバーナーの炎でジっとガラスを溶かす作業。
楽しくて始めたはずが、夏の間だけは苦行のようにも感じられました。

だけど今は、それもなんだか懐かしい。




amadana(アマダナ)
やっぱりアマダナ、なんだかスタイリッシュ~♪
[PR]
by narabiyori | 2010-10-15 17:44 | 手作り | Trackback | Comments(8)

成せば、なる。

f0146243_135042.jpg
8月は更新が少なくなってしまいました。
それはなぜかというと、これを作っていたからなのです。

裁縫が苦手で、なんでも適当に進めてしまう私が作った、初バッグ。

こちらは内田 彩仍さんの 『シーズンワードローブ favorite style for four seasons (e-MOOK)』 で紹介されていたものです。
コロンとした丸いフォルムが可愛くて。
でもタックが沢山入っているし難しいかな~、と思いながらも頑張って挑戦!

型紙がついていたら良かったのだけど、残念ながらないので、そこから作るという面倒さ・・・(涙)。
よく最後まで諦めずに仕上げたなぁ、とちょっと感激。(大げさ。)

f0146243_1351141.jpg
頑張って作れたのは、きっと自分のためのものじゃなかったから。
これは、今年の母の誕生日プレゼントにするつもり。

喜んでくれるといいなぁ。
[PR]
by narabiyori | 2009-08-28 16:07 | 手作り | Trackback | Comments(10)

これも一つのエコ。

f0146243_1453855.jpg
捨てようかどうしようかと迷っているYシャツ。
まだキレイなんだけど、衿部分だけが擦り切れてきていて、このまま着るのはちょっと・・・というものばかり。
でも切ってウエスにするにしても、水分の吸収悪そうな生地だしね。
う~ん、何か有効活用できないものかな~・・・。

f0146243_14573051.jpg
そう考えていたときに、手にした一冊、『かっこいいクチュールリメーク』。

表紙には、『男物のシャツやビッグサイズのTシャツ、スウェットを使って 世界で一番すてきな服作り』とあります。
中を見てみると、え~こんなお洒落なドレープのブラウスがスウェットから出来てるの!と思うものがあったり、13枚ものメンズシャツの衿を使ったユニークなトートバッグがあったりと、自由な発想から作られた素敵なリメークが数多く紹介されています。

その名の通り、本当にかっこよくて、お洒落で着たくなる服ばかり。
これが自分の手で作れるなんて・・・!
しかも ”リメーク” なので、不器用な私でも一から作るわけではないので、取っ掛かりやすい感じが嬉しい。

装丁 ・・・・・・・・・ ★★★★★
デザイン ・・・・・・ ★★★★★
内容 ・・・・・・・・・ ★★★★
[PR]
by narabiyori | 2009-06-12 15:20 | 手作り | Trackback | Comments(8)

育てるリネン。

f0146243_11332770.jpg

毎日暑いですね。
パソコンの前に座る回数が減り、すっかりブログの更新も滞ってしまっています。

そんな暑い中、昨日はニガテなお裁縫をしていました。
作ったのがこれ、クッションカバーです。

ファスナーをつけるのも、ボタンホールを作るのも、どちらも面倒だったので、口はこうやって折り返すだけのタイプにしました。
元々あったクッションカバーを布にあて、適当に裁断した後は周りをミシンでダダダっと縫うだけの簡単作業。
これくらいなら、私でも出来ます。
f0146243_11435159.jpg


元々このクッションはカーキ色だったのですが、夏仕様に模様替え。
リネンで作ったので、見た目にも、そして肌触りもさらりと涼しくなりました。
リネンは使っていくうちに、どんどん風合いも柔らかくなっていくというので、これからが楽しみ。


ヤマギワ オンラインストア
[PR]
by narabiyori | 2008-07-15 11:57 | 手作り | Trackback | Comments(18)

粘土を使って。

f0146243_11554559.jpg

”おおざっぱで面倒なことがニガテ” という性格なもので、お裁縫も得意ではありません。
寸法を測ったり、その通りに布を切ったりすることがニガテなのです。
なので学生時代は、適当に採寸し適当にカットした結果、寸足らずのものが出来上がったりしていました。

そんな私なのに、なぜかお裁縫の道具には惹かれます。
手芸屋さんに行くと、色とりどりのフェルトや刺繍糸など、ついつい全色揃えたくなってしまいます。

そして欲しいなぁ、と思っていた裁縫道具の一つがこれ。
ピンクッションです。
作れそうなものはどうも買う気になれないので、自分で作ってみました。

使用したのは紙粘土ではなく、石膏粘土とかいうものだったと思います。
ちょっとこの写真では見えにくいですが、足を付けてみました。
中の針を刺す部分は、余り布をくるくると適当に丸めて入れているだけなので、とても簡単。
飽きたら違う布に換えて、模様替えを楽しもうかと思っています。

久しぶりの粘土遊びをしていると、子どもの頃、粘土とハンカチを使って茶巾絞りを作っていたことを思い出しました。
子どもの頃から、やっぱり食べ物のことばかり考えていた私です。

色んな粘土を使ってみよう!
[PR]
by narabiyori | 2008-05-15 12:18 | 手作り | Trackback | Comments(12)

キャンディカラー kawaii

f0146243_10545261.jpg


この間実家に帰ったとき、こんなものを見つけました。
これ私が昔作った、ガラスのピアスです。花びらなどのパーツから作り、組み合わせたもの。

7年ほど前ガラス工芸を習いに行っており、そこの生徒作品展に出展した売れ残りです。
蜻蛉玉(トンボ玉)というガラスビーズの作り方を教わっていたのですが、このときはまだ始めたばかりで作れず、他のものを作って出展したのです。

「60個は作ってこい」、と先生に言われ、夏の暑い中、バーナーの前で汗だくにりながらパーツを作っていたことを思い出します。

f0146243_11242387.jpg


仕事が忙しくなり、なかなか練習する時間が取れなくなったので、その教室は辞めてしまいました。それから一度もバーナーには触っていません。

時間が出来た今、また何かを作りたいなと思っているのですが(蜻蛉玉をまた作れるかどうかは自信がないですが・・・)、バーナーを扱うのが怖くなってしまい、なかなか再開出来ずにいます。
う~ん、今年こそは・・・・・!!

100 LAMPWORKERS
[PR]
by narabiyori | 2008-04-01 11:42 | 手作り | Trackback | Comments(8)